エコめがねエネルギーBLOG

カテゴリー: サステナビリティ

カテゴリ一 記事一覧

今さら聞けない。企業が脱炭素化をはかる理由とは?

企業の環境貢献活動というと倫理観の高さをアピールするPR効果を狙って取り組む、という印象がありませんか?しかしいま、脱炭素に取り組む企業が増えているのは、少し趣きが違うようです。いま「企業が脱炭素に取り組む理由」をご説明します。

公共建築物への太陽光発電導入が標準化か

今後、公共建築物を新しく建築する際には、太陽光パネルを標準で設置する方向で検討が進んでいます。この検討のこれまでの経緯と、公共建築物とはどんな建物で、どれくらいあるのか、などをご紹介します。

再エネ電力を調達する6つの方法

使用電力を100%再生可能エネルギーにする枠組み「RE100」や「再エネ100宣言 RE Action」について、このブログでも紹介してきました。参加する企業も増えていますが、実際にどのような方法で使用電力100%再エネを達成するのでしょうか?再エネ電力の調達方法についてまとめます。

“再エネ100宣言 RE Action”に参加するには?

世界的な大企業が再エネ100%を目指す「RE100」はアップルなど世界的な大企業が参加し注目されたことも有り、ご存知の方が多いと思います。日本の中小企業も参加できる「再エネ100宣言 RE Action」をご存知ですか?そのメリットや参加方法などをご紹介します

今さら聞けない「水素社会」とは?

新しいエネルギー源として注目されている水素。エネルギー源として活用することで省エネなどたくさんのメリットが得られます。ここでは水素を活用する「水素社会」にはどんなメリットがあるのか、また実現のためにはどのような課題があるのか紹介します。

アップル社が加盟した「RE100」ってなに?

アップル社が加盟したことにより話題になった「RE100」。事業運営のための電力をすべて再生可能エネルギーでまかなうことを宣言した企業が加盟できます。ここでは、何かと話題になっている「RE100」について紹介します。

「新エネ大賞」決定。燃料電池自動車 他

一般財団法人新エネルギー財団が、経済産業省及び資源エネルギー庁の委託を受けて実施している「新エネ大賞」は、今年度で19回目を迎えます。新エネルギーの一層の導入促進と普及、啓発を図るため、新エネルギーに関わる商品及び活動を広く募集する同賞の今年の主な受賞事業やプロジェクトについてご紹介します。