エコめがねエネルギーBLOG

カテゴリー: スマートグリッド

カテゴリ一 記事一覧

ハイブリッド蓄電システムとは

国内の蓄電システムの市場は、住宅用、業務用、公共産業用含め2016年度の653億円から2024年度は3684億円に上ると言われています。そんななか注目されているのがハイブリッド蓄電システムです。ここではハイブリッド蓄電システムについてご紹介します。

CEMSとは?注目キーワードを解説

CEMSはエネルギーの効率的な使用を実現するのに欠かせないシステム。積極的に再エネを導入し、その電力の有効活用に役立ちます。温暖化対策とともに防災にも役立つCEMSについてご紹介します。

VPP(バーチャルパワープラント)とは?

VPPとは、バーチャルパワープラント(Virtual Power Plant)の略で、日本語では「仮想発電所」と書かれます。仮想の発電所?いったいどういう発電所なのでしょうか。電力自由化や電力システム改革が進むにつれ注目度も高まっている「VPP」についてご説明します。

分散型電源普及の推進剤となるか。PPAモデルとは?

PPAと言われるビジネスモデルでは、初期費用が無料もしくは小額で太陽光発電設備を自宅へ設置できるため、住宅向け太陽光発電の拡大に大きく貢献する可能性があります。既にアメリカではPPAモデルのサービスが拡大しています。分散型電源の普及拡大の鍵、PPAモデルについてご紹介します。

ネガワット取引とは?注目キーワードを解説

電気は基本的に貯めることができず、「同時同量」といって、電力消費量と供給電力量を常に一致させ続ける必要があります。
電力需給が逼迫している時間帯に節電して需要を減らせば、いわば発電所で焚き増しするのと同じ効果が得られ、需要家(電気を使う人)側からも需給バランスを取ることが可能です。こうした電力を取引する「ネガワット取引」についてご説明します。

スマートメーター導入前に知っておきたい!Aルート・Bルート・Cルートとは?

太陽光発電の導入によって「スマートメーター」の普及が加速しています。通信機能を備えた電力計がスマートメーターですが、その通信先によってAルート・Bルート・Cルートがあることをご存じですか? 導入前に知っておきたい! 3つのルートの違いや役割などを紹介します。