エコめがねエネルギーBLOG

カテゴリー: 制度・法令

カテゴリ一 記事一覧

太陽光発電イメージ

東北電力の出力制御対応、PCS切替の手続きとは?

2019年5月末に東北電力から発電事業者に対し「出力制御機能付PCSへの切替に関わるお手続きについて」という書面が送付されはじめました。
「出力制御機能付PCSへの切替」を要請する内容となっています。大まかな対応の流れをご紹介します。

太陽光発電の変更をする際に必要な手続き【変更認定申請、事前変更届出、事後変更届出】

太陽光パネルを変える、パワーコンディショナーを変える、など、事業計画認定を受けた内容から変更するケースはよくあります。どういったケースでどういった手続が必要なのか、ご紹介します。また買取価格が変更になるのかどうかも併せてご紹介します。

太陽光発電

中国電力、出力制御の案内開始

中国電力から該当する発電事業者に向けて「太陽光発電(新・指定ルール)の出力制御に関する今後のお手続について」というお知らせが送付されました。具体的に出力制御対応をする必要があります。対象、対応内容などについてご紹介します。

太陽光発電のFIT買取価格(2019年度版)

2019年3月22日にFIT制度における2019年度の買取価格が決定しました。1月に調達価格等算定委員会より出された「平成31年度以降の調達価格等に関する意見」のとおりとなっています。太陽光発電の買取価格を紹介します。

蓄電池の増設に関するルールが変わります

事業認定取得後や運転開始後に、蓄電池を併設することについてのルールが変わります。過積載のピークカット分を無駄にしないよう蓄電池を増設したいとお考えの方は、買取価格の変更されるかもしれませんので、注意が必要です。事後の蓄電池併設、蓄電池の増設に関する改正についてご紹介します。

いまさら聞けない“環境アセスメント”

環境省の「太陽光発電施設等に係る環境影響評価の基本的考え方に関する検討会」にて、40MW以上の太陽光発電設備は環境アセスメントの対象とする検討が進んでいます。わかりにくい「環境アセス」について簡単にまとめます。

未稼働案件に対する買取価格減額&運転開始期限についてまとめ

運転開始期限が設けられていない未稼働の太陽光発電の買取価格変更を変更するなどの改正について、意見募集の結果が12月10日に公表され、また12月21日には運用についての詳細情報も発表されました。パブリックコメント時から変更や追加がありましたので、あらためてこの改正についてまとめます。

太陽光発電の認定制度まとめ

FIT制度の認定手続き内容は、制度開始以来何度も変更されてきました。太陽光発電向けの当時の認定手続き内容、変更内容などをまとめました。

認定済み太陽光の買取価格が減額?!

運転開始期限が設けられていない太陽光発電案件の運転開始を促すことなどの目的で、再エネ特措法の一部改正が進められており、2018年11月21日までパブリックコメントが実施中です。発表されている内容を分かりやすくまとめます。