エコめがねエネルギーBLOG

カテゴリー: 制度・法令

カテゴリ一 記事一覧

東京の自家消費太陽光は要チェック、地産地消型再エネ増強プロジェクト【2021年度助成金】

「地産地消型再エネ増強プロジェクト」とは、再エネの導入拡大をはかるために、地産地消型の再生可能エネルギー発電等設備および熱利用設備の導入に対して東京都が助成を行うというものです。具体的に対象となる設備や事業者などについてご紹介していきます。

低圧太陽光も事故報告の義務がある?2021年4月改正

2021年4月1日に電気事業法が改正され、事故報告を義務付ける対象が追加され、低圧太陽光発電も新たに対象となりました。事故を発生させないのが一番ですが、もし万が一発生したときのために、どんな事故のときに、どういった報告が必要かなどの知識をもっておきましょう。

九州電力の出力制御方法が2021年度から変わります

九州電力から発電事業者さん宛に「出力制御運用方法の変更(一律制御への移行)に関するお知らせ」という手紙が届いています。九州電力管内で出力制御対象となっている太陽光発電設備のうち、一部の設備は2021年度から制御の回数が激増するかもしれません。4月からの変更内容をご紹介します。

太陽光パネルイメージ

パネル廃棄費用の積立はどうなる?

「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法施行規則の一部を改正する省令案等」のパブリックコメントが受付中です(2021年2月17日時点)。この中にパネルの廃棄費用を外部積立することが含まれています。改正案をもとにその内容をご紹介します。

太陽光発電の2021年のFIT買取価格

「令和3年度以降の調達価格等に関する意見」が公表されました。例年このまま価格が決まりますので、2021年度のFIT買取価格が決まったといっていいでしょう。FIP関連のキーワードなども交えて、2021年度の規模別太陽光発電のFIT買取価格をご紹介します。

生産性向上特別措置法の特例を受けやすい太陽光、受けにくい太陽光は?

生産性向上特別措置法の支援は、対象となる設備を拡大し2年間延長されました。どういった設備を先端設備として認定するか等の判断は自治体に委ねられており、実際に太陽光発電で特例が受けられるかは所在地の自治体へ確認するしかありません。公表されている自治体情報をもとにどういった設備が対象となりやすいのか見ていきましょう。

生産性向上特別措置法の支援が拡充・延長されました【固定資産税特例】

新しく設備投資を行う中小企業を支援する、生産性向上特別措置法の支援。固定資産税が3年間ゼロまたは1/2という大きな軽減があるため多くの企業が利用しています。新型コロナウイルス感染症の影響で経済の低迷が懸念されるなか支援を広げるため、対象となる設備を拡大し、2年間延長されましたので、内容をご紹介します。

北陸電力「出力制御対応」ダイレクトメールが送付されはじめました【対象者は要対応】

北陸電力から対象となる太陽光発電事業者様に向けて、出力制御の手続きについてお知らせするダイレクトメールが出始めたようです。北陸電力管内の太陽光発電設備の出力制御の背景や経緯といった基礎的な情報から、対象設備や、対応内容などの具体的な情報をご紹介します。

太陽光発電イメージ

太陽光発電のFIT買取価格(2020年度版)

2020年度のFIT価格が決まりました。太陽光発電においても、容量による区分が変更になったり、あらたな認定要件が設けられたりなど、大きな変化があります。2020年度に太陽光発電でFIT認定を受ける際の買取価格を紹介します。