エコめがねエネルギーBLOG

カテゴリー: 電力事業

カテゴリ一 記事一覧

オフサイトPPAイメージ

自己託送、オフサイトPPAなど、非FIT・オフサイトの再エネ供給方法まとめ・比較

自己託送制度が見直され、第三者が保有する発電設備からの供給も一定の要件を満たせば自己託送が可能となり、小売電気事業者を介するオフサイトPPAとの違いが分かりにくくなりました。「非FIT」「オフサイト」「第三者所有」の太陽光発電の供給スキームを整理します。

ソーラーシェアリング

ソーラーシェアリング補助金情報 2022

農地の上に太陽光発電を設置するソーラーシェアリングの導入を促進するための補助事業も実施されています。令和三年度補正予算、令和四年度予算で補助事業が行われますのでご紹介します。

消費税イメージ

太陽光発電事業者はインボイス制度にどう対応すべき?

2023年10月1日にはじまるインボイス制度は、消費税に関する制度で納付を免除されている売上1,000万円以下の事業者さまにも影響があります。インボイス制度の内容や、発電事業を行っている個人事業主の方がどう対応したらよいかをご紹介していきます。

台風被害イメージ

太陽光発電設備周辺住民の不安解消、地域共生のためにできること

太陽光発電設備の近くにお住まいの方から、苦情が寄せられトラブルになるケースもあるといいます。実際に事故にいたらなくとも、危険が及ぶのでは、と不安にさせているケースもあります。具体的にどのような不安をお持ちなのか、また運転中の設備で実施できる保安や備えについて見ていきましょう。

豪雨イメージ

予期せぬ災害・事故への備え「保険」について考えてみましょう

9月1日は「防災の日」でした。低圧太陽光も事故報告が義務化されたり、火災保険・地震保険等への加入が努力義務化されたりと、制度的にも整えられ、被災した際の心構え、準備が必要であることが広められてきました。この機会にあらためて予期せぬ災害や事故への備え「保険」について考えてみるべくご紹介します。

低圧太陽光も事故報告の義務がある?2021年4月改正

2021年4月1日に電気事業法が改正され、事故報告を義務付ける対象が追加され、低圧太陽光発電も新たに対象となりました。事故を発生させないのが一番ですが、もし万が一発生したときのために、どんな事故のときに、どういった報告が必要かなどの知識をもっておきましょう。

“地域新電力”が増えているのはなぜか

電力の自由化により増え始めた「地域新電力」。電気の地産地消を目標にし、地域経済の活性化を目指したもので、中には自治体が出資している自治体新電力も存在します。地域新電力が増えた理由や、メリット・デメリットを紹介します。

太陽光発電で要注意! 塩害とは?

沿岸部で太陽光発電をすることが多い日本。日当たりを遮るものがなく、発電効率がいい沿岸部ですが、塩害を受けることも多くなりますので注意しなくてはいけません。ここでは太陽光発電をするなら知っておきたい、塩害についてご紹介します。