エコめがねエネルギーBLOG

カテゴリー: 電力事業

カテゴリ一 記事一覧

豪雨イメージ

予期せぬ災害・事故への備え「保険」について考えてみましょう

9月1日は「防災の日」でした。低圧太陽光も事故報告が義務化されたり、火災保険・地震保険等への加入が努力義務化されたりと、制度的にも整えられ、被災した際の心構え、準備が必要であることが広められてきました。この機会にあらためて予期せぬ災害や事故への備え「保険」について考えてみるべくご紹介します。

低圧太陽光も事故報告の義務がある?2021年4月改正

2021年4月1日に電気事業法が改正され、事故報告を義務付ける対象が追加され、低圧太陽光発電も新たに対象となりました。事故を発生させないのが一番ですが、もし万が一発生したときのために、どんな事故のときに、どういった報告が必要かなどの知識をもっておきましょう。

“地域新電力”が増えているのはなぜか

電力の自由化により増え始めた「地域新電力」。電気の地産地消を目標にし、地域経済の活性化を目指したもので、中には自治体が出資している自治体新電力も存在します。地域新電力が増えた理由や、メリット・デメリットを紹介します。

太陽光発電で要注意! 塩害とは?

沿岸部で太陽光発電をすることが多い日本。日当たりを遮るものがなく、発電効率がいい沿岸部ですが、塩害を受けることも多くなりますので注意しなくてはいけません。ここでは太陽光発電をするなら知っておきたい、塩害についてご紹介します。

太陽光発電のセカンダリーマーケットとは?

太陽光発電を取り巻く環境が変化しつつあります。太陽光発電設備を売却するセカンダリーマーケット(セカンダリー市場)が活性化しているのです。ここでは太陽光発電のセカンダリーマーケットについてご紹介します。

生活ごみから電気を作る“ごみ発電”廃棄物発電とは?

「ごみ発電」「廃棄物発電」という電力発電技術をご存じでしょうか? ごみ発電方式は、可燃ごみなどをリサイクル燃料として電気を得ることができる夢の技術です。ごみ発電のメリットや現在の課題、それを克服するための燃焼方式についてご紹介します。

最近よく聞く「グリーンボンド」とは?

最近よく耳にするグリーンプロジェクトボンド。メガソーラーの設置など、環境問題対策になる取り組みに使い道を限定して発行することができる債券を販売することで、プロジェクトの資金を調達する方法です。最近よく聞くグリーンボンドについてご紹介します。