エコめがねエネルギーBLOG

カテゴリー: 太陽光発電

カテゴリ一 記事一覧

ハイブリッド蓄電システムとは

国内の蓄電システムの市場は、住宅用、業務用、公共産業用含め2016年度の653億円から2024年度は3684億円に上ると言われています。そんななか注目されているのがハイブリッド蓄電システムです。ここではハイブリッド蓄電システムについてご紹介します。

「三相」と「単相」の違いって?

電気の送り方の種類である「三相」と「単相」。太陽光発電の際に必要なパワコンにも「三相」と「単相」のものとがあります。「三相」と「単相」の違いについてご紹介します。

こんなところに大型ソーラー?メガソーラーと空港

空港付近や線路わきに大規模な太陽光発電設備(メガソーラー)が設置されている事例が増えています。なぜ、空港付近や線路わきにメガソーラーを設置するのでしょう。空港付近や線路わきのメガソーラー設置の事例や、その理由について紹介します。

しっかりと作っておこう! 野立て太陽光の架台

太陽光発電をする際に、多くの人が軽視してしまう架台。架台の選別を誤れば、架台がすぐに駄目になってしまったり、重大な事故につながったりすることもあります。ここでは太陽光発電する際に知っておきたい架台の基礎工事の種類を紹介します。

営農と発電事業の「ソーラーシェアリング」とは

ソーラーシェアリングとは、営農と発電事業を同時におこなうことです。ソーラーシェアリングにより日本や農家が抱えた課題を解決することができます。ここではソーラーシェアリングの概要や、そのことで解決できる課題などを紹介します。

発電効率の高い「追尾式太陽光発電」とは?

追尾式太陽光発電というシステムがあります。追尾式太陽光発電は、固定式よりも発電効率が高いです。他にも狭い土地に設置できるなどメリットが多く注目されています。ここでは追尾式太陽光発電の概要やメリットを紹介します。

20kW以上の太陽光発電設備に設置すべき標識とは?【改正FIT法】

10kW以上の太陽光発電向けの再生可能エネルギー発電事業計画書には「再生可能エネルギー発電事業の実施において遵守する事項」として、「発電設備又は発電設備を囲う柵塀等の外側の見えやすい場所に標識を掲示すること(20kW未満の太陽光発電の場合を除く。)。 」とあります。この「標識」について具体的にご説明します。