エコめがねエネルギーBLOG

最新記事

“地域新電力”が増えているのはなぜか

電力の自由化により増え始めた「地域新電力」。電気の地産地消を目標にし、地域経済の活性化を目指したもので、中には自治体が出資している自治体新電力も存在します。地域新電力が増えた理由や、メリット・デメリットを紹介します。

太陽光発電で要注意! 塩害とは?

沿岸部で太陽光発電をすることが多い日本。日当たりを遮るものがなく、発電効率がいい沿岸部ですが、塩害を受けることも多くなりますので注意しなくてはいけません。ここでは太陽光発電をするなら知っておきたい、塩害についてご紹介します。

太陽光発電への雪の影響

雪がソーラーパネルの上に積もってしまうことで、太陽光発電に大きな影響を及ぼします。しかし、だからといって雪国では太陽光発電ができないというわけではなく、ポイントを押さえておくことで充分発電量を確保することができます。

全量自家消費型太陽光発電システムとは? 6つのメリットと導入事例

全量自家消費型の太陽光発電システムが注目されている理由について、改正FIT法などの背景や再生可能エネルギー市場の変化を交えてご説明します。ソーラーパネル導入による投資コストや、補助金・助成金制度など自家消費型のメリット、導入事例をご紹介します。

2018年度の太陽光発電電力の買取価格

2018年3月23日に、2018年度の再生可能エネルギー買取価格が決定されました。昨年12月に調達価格等算定委員会で取りまとめられた「平成30年度以降の調達価格等に関する意見」の通りの買取価格となりました。太陽光発電の買取価格について算定データ等とともに紹介します。

太陽電池には数多くの種類がある!国内外メーカーの太陽セル6タイプ

太陽電池の種類について、単結晶シリコン、多結晶シリコン、薄膜シリコン(アモルファス)、多接合型(HIT太陽電池)といったシリコン系太陽電池や、CISやCIGSといった多元素化合物系太陽電池などの特徴と製造方法、国内外で販売しているメーカーをご紹介します。