エコめがねエネルギーBLOG

最新記事

日本版コネクト&マネージとは?

系統容量には上限があり、新規に送電設備を増設するには時間もコストもかかります。そこで既存の電力系統を効率的に利用するための運用ルールの検討が進んでいます。その「日本版コネクト&マネージ」についてご紹介します。

中国電力エリアの太陽光が「30日等出力制御枠」に到達

中国電力は2018年7月11日に、太陽光発電が30日等出力制御枠に到達したと発表しました。
中国電力管内でこれから太陽光発電設備を作ろうとされている方、すでに運転中の太陽光発電設備のお持ちの方がたくさんおられると思います。中国電力の発表を受けて、今後どうしたらいいのか、設備の状況別にご紹介します。

「小型風力」がなくなったのはなぜか

これまで、FIT価格が高値に設定されていた20kW以下の「小型風力発電」。
それが2018年度から大型の風力発電と同じ区分で取り扱われるようになり、これまで「小型風力発電」と呼んでいた設備のFIT価格は大幅に低下することになりました。なぜ、小型風力という区分がなくなったのでしょうか。ここでは、その理由についてご紹介します。

“地域新電力”が増えているのはなぜか

電力の自由化により増え始めた「地域新電力」。電気の地産地消を目標にし、地域経済の活性化を目指したもので、中には自治体が出資している自治体新電力も存在します。地域新電力が増えた理由や、メリット・デメリットを紹介します。

太陽光発電で要注意! 塩害とは?

沿岸部で太陽光発電をすることが多い日本。日当たりを遮るものがなく、発電効率がいい沿岸部ですが、塩害を受けることも多くなりますので注意しなくてはいけません。ここでは太陽光発電をするなら知っておきたい、塩害についてご紹介します。

太陽光発電への雪の影響

雪がソーラーパネルの上に積もってしまうことで、太陽光発電に大きな影響を及ぼします。しかし、だからといって雪国では太陽光発電ができないというわけではなく、ポイントを押さえておくことで充分発電量を確保することができます。