エコめがねエネルギーBLOG

投稿者: 西向 敏子

記事一覧

豪雨イメージ

予期せぬ災害・事故への備え「保険」について考えてみましょう

9月1日は「防災の日」でした。低圧太陽光も事故報告が義務化されたり、火災保険・地震保険等への加入が努力義務化されたりと、制度的にも整えられ、被災した際の心構え、準備が必要であることが広められてきました。この機会にあらためて予期せぬ災害や事故への備え「保険」について考えてみるべくご紹介します。

出力制御のオンライン・オフラインについて誤解していませんか?

出力制御量の区分に「オンライン」「オフライン」がありますが、通信でつながっているか否かの区分と想定できるため、「更新スケジュール」「固定スケジュール」のことだと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、全く別のものです。ややこしいこの区分について詳しく解説します。

九州の出力制御量の実績を確認するには?

2021年度から九州電力管内の出力制御運用方法が変更になったことを以前ご紹介しましたが、指定ルールの事業者さんの出力制御回数がかなり増えているようです。公式の実績回数や制御時間を確認したいというお声にお答えし、確認方法をご紹介していきます。

今さら聞けない。企業が脱炭素化をはかる理由とは?

企業の環境貢献活動というと倫理観の高さをアピールするPR効果を狙って取り組む、という印象がありませんか?しかしいま、脱炭素に取り組む企業が増えているのは、少し趣きが違うようです。いま「企業が脱炭素に取り組む理由」をご説明します。

自家消費太陽光のシミュレーションに1年分の30分デマンド値が必要なわけ

自家消費太陽光の提案には効果を詳細にシミュレーションしてお出しすると需要家さまも検討しやすいと思われますが、それには「30分デマンド値」などの詳細な消費電力データを取り寄せる必要があります。なぜこのデータが必要なのでしょうか。この必要性について解説します。

30分デマンド値とは?入手方法は?

自家消費太陽光の提案時には「電力使用削減量」や「電気代削減額予測」など、具体的な効果が分かる情報を提示すると効果的です。「30分デマンド値」を入手すれば、詳細なシミュレーションが可能です。「30分デマンド値」とは何か、どうやって入手するのか、についてご紹介します。

グリーン成長戦略とは?

2021年6月18日に経済産業省から「グリーン成長戦略」を具体化した内容が発表されました。この戦略に基づき、予算、税、金融、規制改革・標準化、国際連携などの政策が実施されます。グリーン成長戦略とは何かというご説明と、太陽光発電関連の内容をご紹介します。

公共建築物への太陽光発電導入が標準化か

今後、公共建築物を新しく建築する際には、太陽光パネルを標準で設置する方向で検討が進んでいます。この検討のこれまでの経緯と、公共建築物とはどんな建物で、どれくらいあるのか、などをご紹介します。