エコめがねエネルギーBLOG

カテゴリー: 自家消費

カテゴリ一 記事一覧

自家消費太陽光のシミュレーションに1年分の30分デマンド値が必要なわけ

自家消費太陽光の提案には効果を詳細にシミュレーションしてお出しすると需要家さまも検討しやすいと思われますが、それには「30分デマンド値」などの詳細な消費電力データを取り寄せる必要があります。なぜこのデータが必要なのでしょうか。この必要性について解説します。

30分デマンド値とは?入手方法は?

自家消費太陽光の提案時には「電力使用削減量」や「電気代削減額予測」など、具体的な効果が分かる情報を提示すると効果的です。「30分デマンド値」を入手すれば、詳細なシミュレーションが可能です。「30分デマンド値」とは何か、どうやって入手するのか、についてご紹介します。

公共建築物への太陽光発電導入が標準化か

今後、公共建築物を新しく建築する際には、太陽光パネルを標準で設置する方向で検討が進んでいます。この検討のこれまでの経緯と、公共建築物とはどんな建物で、どれくらいあるのか、などをご紹介します。

再エネ電力を調達する6つの方法

使用電力を100%再生可能エネルギーにする枠組み「RE100」や「再エネ100宣言 RE Action」について、このブログでも紹介してきました。参加する企業も増えていますが、実際にどのような方法で使用電力100%再エネを達成するのでしょうか?再エネ電力の調達方法についてまとめます。

“再エネ100宣言 RE Action”に参加するには?

世界的な大企業が再エネ100%を目指す「RE100」はアップルなど世界的な大企業が参加し注目されたことも有り、ご存知の方が多いと思います。日本の中小企業も参加できる「再エネ100宣言 RE Action」をご存知ですか?そのメリットや参加方法などをご紹介します

生産性向上特別措置法の特例を受けやすい太陽光、受けにくい太陽光は?

生産性向上特別措置法の支援は、対象となる設備を拡大し2年間延長されました。どういった設備を先端設備として認定するか等の判断は自治体に委ねられており、実際に太陽光発電で特例が受けられるかは所在地の自治体へ確認するしかありません。公表されている自治体情報をもとにどういった設備が対象となりやすいのか見ていきましょう。

生産性向上特別措置法の支援が拡充・延長されました【固定資産税特例】

新しく設備投資を行う中小企業を支援する、生産性向上特別措置法の支援。固定資産税が3年間ゼロまたは1/2という大きな軽減があるため多くの企業が利用しています。新型コロナウイルス感染症の影響で経済の低迷が懸念されるなか支援を広げるため、対象となる設備を拡大し、2年間延長されましたので、内容をご紹介します。

地域活用要件とは?

2020年度のFITから「地域活用要件」なるものが登場する予定です。2020年度はまだ低圧太陽光のみの適用ですが、今後は他の電源にも広げるよう検討が進められています。この「地域活用要件」についてご紹介します。