エコめがねエネルギーBLOG

カテゴリー: 電気料金

カテゴリ一 記事一覧

電気代比較

受電契約やエリアで電気代はどれだけ違うか

「高圧は低圧より安い」「◯◯電力は安いらしい」など、電気代の違いについてご存じかと思いますが、「◯円安い/高い」など具体的なイメージまでつかない方も多いのではないでしょうか。基本料金や再エネ賦課金なども含めた電気料金単価を受電契約やエリア別に比較してみます。

自家消費太陽光のシミュレーションに1年分の30分デマンド値が必要なわけ

自家消費太陽光の提案には効果を詳細にシミュレーションしてお出しすると需要家さまも検討しやすいと思われますが、それには「30分デマンド値」などの詳細な消費電力データを取り寄せる必要があります。なぜこのデータが必要なのでしょうか。この必要性について解説します。

30分デマンド値とは?入手方法は?

自家消費太陽光の提案時には「電力使用削減量」や「電気代削減額予測」など、具体的な効果が分かる情報を提示すると効果的です。「30分デマンド値」を入手すれば、詳細なシミュレーションが可能です。「30分デマンド値」とは何か、どうやって入手するのか、についてご紹介します。

キュービクル

今さら聞けない「高圧」「低圧」受電契約の違い

産業用の受電契約の種類はいろいろありますが、家庭の電気料金メニューとは異なり、産業用の受電契約は馴染みが薄く、分かりにくいことも多いのではないでしょうか。産業用の受電契約における「低圧」と「高圧」の違いについてご説明します。

再エネ電力を調達する6つの方法

使用電力を100%再生可能エネルギーにする枠組み「RE100」や「再エネ100宣言 RE Action」について、このブログでも紹介してきました。参加する企業も増えていますが、実際にどのような方法で使用電力100%再エネを達成するのでしょうか?再エネ電力の調達方法についてまとめます。

電気代

力率割引/力率割増とは?

高圧受電の需要家さまの電気料金明細書には「力率割引」または「力率割増」が表示されていることがあります。どういった条件で割引または割増されるのか、なぜ力率の違いによって料金が割引されたり割増されるのか、などをご紹介します。

再エネ賦課金とは?注目キーワードを紹介

電気料金に含まれている「再エネ賦課金」。再生可能エネルギーを普及させるために必要な賦課金なのですが、いったいどのようなものなのでしょうか。ここでは再エネ賦課金についての概要と目的、また平成29年度の単価について紹介します。

賦課金減免制度が改正(改正FIT法)

10月1日に電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(通称:FIT法)等の一部を改正する法律」の一部が施行されました。これにより、固定価格買い取り制度における賦課金減免制度が見直され、平成29年度の認定分の申請時から⾒直し後のルールが適⽤されることとなります。賦課金減免制度とは?というところから、この改正でどう変わるのかについてご紹介します。

託送料金とは?注目キーワードを解説

経済産業省は、電力小売全面自由化を前に、昨年の12月18日、地域の10電力会社の「託送供給等約款」を認可し、2016年4月1日から適用される「託送料金」を正式決定しました。今回は、この託送料金の意味や、設定価格、設定までの経緯、今後の課題等をまとめてご紹介します。