2018年9月6日に、今年の秋には九州本土で出力制御を実施する可能性があると九州電力が発表しました。

電力需要が低いゴールデンウィークに出力制御があるのではと予想されましたが、今年のGWは出力制御の実施はありませんでした。しかし需要電力量のうち、太陽光発電の出力が8割を占めていたということです。その後も太陽光発電設備は増えていますので、需給バランス的に逼迫していることが分かります。

対象となる発電事業者に対して「今秋の九州本土における再生可能エネルギー出力制御実施の見通しのお知らせ」という書面を送付したとのこと。
参考:今秋の九州本土における再生可能エネルギー出力制御実施の見通しのお知らせサンプル | 九州電力ウェブサイト

「でんき予報」のページには「再生可能エネルギー出力制御見通し」も掲載されています。

でんき予報>再生可能エネルギー出力制御見通し

出典:九州電力ウェブサイト

九州本土と離島(対馬、壱岐、甑島、種子島、奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部、与論)の3日先までの見通しと、出力制御指示内容が公表されています。 

参考:でんき予報>再生可能エネルギー出力制御見通し

毎日ウェブサイトにアクセスしなくても、この出力制御見通しの情報が更新された際にメールで通知を受けることもできます。
メールで受信したい方は、以下のフォームから登録ください。
再エネ出力制御登録フォーム | 九州電力