北陸電力から対象となる太陽光発電事業者様に向けて、出力制御の手続きについてお知らせするダイレクトメールが出始めたようです。
これですべての指定電気事業者において出力制御機能付きPCSへの切替対応が始まったことになりますね。

北陸電力管内の太陽光発電設備の出力制御の背景や経緯といった基礎的な情報から、対象設備や、対応内容などの具体的な情報をご紹介します。

出力制御基礎知識「接続可能量(30日等出力制御枠)」

FIT制度において、電力会社が30日、360時間(太陽光)、720時間(風力)の出力制御の上限を超えて出力制御を行わなければ追加の発電設備の受け入れが不可能となる時の接続量のこと。
北陸電力では、太陽光発電の接続可能量(30日等出力制御枠)は110万kWに設定されています。

出力制御基礎知識「指定電気事業者制度」

「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(再エネ特措法、FIT法とも呼ばれます)」に基づき、30日等出力制御枠の超過が見込まれる電気事業者に対し経済産業大臣が「指定電気事業者」と指定するものです。
この制度により、例えば、30日等出力制御枠を上回る太陽光発電設備は、年間360時間を超えて出力制御を行った場合でも、無補償となることを前提に接続が可能になります。
2020年7月時点で太陽光発電について指定電気事業者に指定されている電力会社は以下のとおり。
北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力

北陸電力の出力制御区分

区分 契約申込の受付日 出力制御区分 無補償での出力制御上限 制御方法
500kW以上 2015年1月25日まで 旧ルール 年間30日 現地操作(手動)または 自動制御
2015年1月26日~2017年1月23日 新ルール 年間360時間 自動制御(出力制御機能付PCS等)
2017年1月24日以降 指定ルール 無制限
50kW以上
500kW未満
2015年1月25日まで 当面出力制御対象外
2015年1月26日~2017年1月23日 新ルール 年間360時間 自動制御(出力制御機能付PCS等)
2017年1月24日以降 指定ルール 無制限
10kW以上
50kW未満
2015年3月31日まで 当面出力制御対象外
2015年4月1日~2017年1月23日 新ルール 年間360時間 自動制御(出力制御機能付PCS等)
2017年1月24日以降 指定ルール 無制限
10kW未満 2015年3月31日まで 当面出力制御対象外
2015年4月1日~2017年1月23日 新ルール 年間360時間 自動制御(出力制御機能付PCS等)
2017年1月24日以降 指定ルール 無制限

今回のDM送付の対象

前述の表「北陸電力の出力制御区分」の点線で囲った部分が対象です。

  • 10kW以上
  • 「新ルール」「指定ルール」の太陽光発電
新ルールとは?
年間360時間を上限に、無補償で出力を抑制するよう要請できるルール。
指定ルールとは?
上限時間なく無補償で出力を抑制するよう要請できるルール。

今回送付されたDMの内容

北陸電力から届くDMには以下の書類などが含まれます。

  1. 太陽光発電事業者(新・指定ルール)さまの出力制御に係る今後のお手続きについて
  2. 出力制御の準備が必要となる発電所一覧
    該当オーナー様が所有する、出力制御対象設備が記載されています。
    ただし複数の発電所をお持ちの場合、分割されて書面が届く場合があります。
  3. 「出力制御機能付PCS」への切替等に関するお手続き(第1~ 第3ステップ)
    必要な手続内容の説明が書かれています。
  4. 「出力制御機能付PCS」への切替等に関するお手続き(フロー図)
    「北陸電力」「発電事業者」「太陽光販売店、設置工事会社」の立場に分けて、必要な手続内容がフロー図で示されています。
  5. 再エネ発電設備の出力制御に関するご説明資料
    出力制御とはなにか、どうして必要なのか、どのように実施されるのか、などの説明。
  6. 太陽光発電の出力制御に関するよくあるご質問
  7. 「出力制御機能付PCSの仕様確認依頼書」記入例
  8. 出力制御機能付PCSの仕様確認依頼書 ご記入にあたっての留意事項
  9. 「PCS系列単位の諸元一覧」記入例
  10. 返信用封筒

提出する様式の紙はDMには入っていません

対象となる方はこの後「出力制御機能付PCSの仕様確認依頼書」「PCS系列単位の諸元一覧」を北陸電力へ提出することが必要ですが、この記入様式を印刷した紙は送付されません。
手書きによる読み間違い等を防止するため、データ入力したものを印刷して提出するよう指定されているためです。
記入様式のデータは以下からダウンロードする必要があります。
北陸電力送配電>再生可能エネルギーの出力制御について>太陽光発電事業者さまにご対応いただく具体的な内容>出力制御対象の発電事業者さまにご返信いただく様式

必要な対応の内容

大まかな対応の流れは以下のとおり。

出力制御ユニットなど、必要な機器が設置されているかの確認、設置されていない場合は、追加する機器の選定。

導入する予定の出力制御対応機器(出力制御ユニットなど)の仕様を書いて北陸電力へ送付し、問題がないか確認を依頼する。

問題がなければ「発電所ID」などの出力制御対応機器の設置・設定に必要な情報が北陸電力より届く。

機器の購入、設置工事を行う。

工事や設定が完了したら完了届を記入して北陸電力へ提出する。

参考
北陸電力送配電|再生可能エネルギーの出力制御について