パワコンの設置法は、大きく“集中型”と“分散型”に分けられます。
集中型は大型のパソコンを少数設置する方法で、分散型は小型パソコンを多数設置する方法です。
集中型と分散型は相反する設置法ですが、太陽光発電の導入を検討している方は「結局どちらが優れているのか」ということを知りたいと考えるのではないでしょうか。
集中型と分散型ではメリット・デメリットが異なりますので、まずはそれぞれの特徴を把握した上で選択する必要があります。
集中型・分散型の特徴を以下にまとめていきます。

集中型パワコン設置のメリット

大規模メガソーラーの主流とも考えられている集中型は、“効率”の面でメリットが大きい設置法です。

機器コストの削減が可能

大型パワコンの場合は1台あたりの容量が大きく、分散型に比べてkWあたりの機器コストが抑えられる傾向があります。

FIT価格は年々下落しており、特に入札で買取価格が決まる2MW以上の規模の発電設備では、よりシビアなコスト管理を求められるようになりました。機器の導入コストが低減できるのは大きなメリットといえるでしょう。

設置・保守の簡素化

設置台数の少なさは、設置や保守にかかる工数の圧縮に直結します。
分散型とは違って数台だけで設置が完了するのは大きなメリットです。大型パワコンは重量があるので重機などを必要としますが、数十台のパワコンを設置する工数を考えると負担が少ないです。
同様に、集中型は数台のパワコンを確認するだけで良いので、メンテナンスにかかる工数も削減できます。

集中型パワコン設置のデメリット

集中型はコスト効率的な導入が可能ですが、不測の事態が起きた場合の影響が大きいというデメリットがあります。

故障時の発電ロスが大きい

集中型は大容量のパワコンを少数設置するため、パワコン1つあたりの重要性が高いと言い換えることができます。

定期的なメンテナンスをおこなっていても、故障の可能性を排除することはできません。集中型の場合、パワコンが1つ故障することで発電に多大なる影響が生まれます。
ものすごくざっくりした計算ですが、パワコンが1台故障した場合、10台のパワコンで運用している場合は発電量が10%低下しますが、2台のパワコンで運用している場合は発電量が50%低下することになるということです。
“少数化”の傾向が進むほど、故障時の影響が大きくなることを考慮しなければなりません。

故障対応には専門技術者が必要

故障時のリスクは発電ロスに留まりません。大型パワコンが故障した場合、現地での専門家の対応が必要となります。基本的にはメーカーから担当者を派遣してもらい、原因を究明した上で修理に取り掛かるという流れになります。
土地にもよりますが、派遣から修理までにかなりの時間が必要です。発電ロスを抑えるためには素早い復旧が理想ですが、集中型の場合は簡単に復旧できないというデメリットがあります。

分散型パワコン設置のメリット

分散型を選択する一番のメリットは「リスクヘッジ」です。集中型よりもあらゆるリスクを低く抑えることができます。

故障による影響が少なく、安定した駆動が可能

分散型は多くのパワコンを使用して発電をおこなっているため、集中型と比べてパワコン1つにかかる負担・重要性が小さく、故障による発電への影響が“分散”されます。
また集中型とは異なり、1つ当たりの重量も数十kgと軽いので、故障したパワコンを新しいものと交換するだけで復旧することが可能です。1t以上の重さになる大型パワコンではできない対処法ができるのは大きなメリットといえます。

山間部などでも容易に設置することが可能

太陽光発電幼稚として広大で平坦な土地を確保するのが困難となってきました。日本でたい規模な太陽光発電を始めるとなると、山間部など傾斜の大きな場所を選択するケースも少なくありません。
小型パワコンを組み合わせる分散型なら、山間部でも柔軟なパネル配置がやりやすいメリットがあります。
また山間部では大きな重機の搬入が困難なことも想定されますが、小型パワコンの設置なら重機も不要です。

分散型パワコン設置のデメリット

分散型はリスクヘッジのためにコストを費やさなければならないというデメリットがあります。

パワコン設置の工数が増える

パワコンの設置にかかる工数は、設置するパワコンの台数が増えると工数も増えていきます。大量のパワコンとパネルを配線していく作業も膨大となり設置コストが膨らみがちです。

1kWあたりの機器代金が高い

大型パワコン1台と、同容量の小型パワコンを複数用意するのを比較すると、小型パワコンを複数台用意する方が機器コストが大きくなるケースが多いようです。

以上、パワーコンディショナーの分散設置と集中設置のメリット・デメリットを紹介しました。
立地や規模に合わせてパワーコンディショナーを選択される際の参考になれば幸いです。