2019年10/24〜11/22までFIT法施行規則の一部を改正する省令案のパブリックコメントが受け付けられており、結果変更なく進められることとなりました。
増強が困難とされる系統が「ノンファーム系統」として適用されると、その系統に接続する際は無補償で出力制御を前提に接続する、という内容です。
需給バランスをとるための出力制御はすでに九州電力で行われていますが、いわゆる「中三電」は需要が大きいので出力制御はない、というこれまでの認識を改める必要がある改正となります。主に低圧太陽光向けの内容をご紹介します。

「ノンファーム型接続」とは?

系統に空き容量がある時間帯には送電できる接続方式。
空き容量がない時には出力制御することに合意の上で接続することになります。

くわしくは「ノンファーム型接続とは?」をご覧ください。

「ノンファーム系統」とは?

基幹系統(上位の送変電等設備)で、増強工事の費用や難易度などを評価した結果、増強することが現実的でない、不適切と判断される系統。
送配電事業者が判断するのではなく、中立の立場である電力広域的運営推進機関の広域系統整備委員会で検討・判断されます。
2020年1月時点のノンファーム系統、検討中系統は以下の通り。

ノンファーム系統

ノンファーム系統
東京電力:新京葉線
2019年9月17日にノンファーム適用。
8/31以降の接続申込みは、系統混雑時の出力制御に同意が必要となっています。

東京電力:新佐原線
2019年9月17日にノンファーム適用。
8/31以降の接続申込みは、系統混雑時の出力制御に同意が必要となっています。

東京電力:鹿島系統
2020年1月24日にノンファーム適用。
12/1以降の接続申込みは、系統混雑時の出力制御に同意が必要となっています。

ノンファーム検討中系統

ノンファーム検討中系統
東京電力:那珂系統、港北系統
東京電力から委員会へ申し入れがあり、現在検討中。
まだ検討中の段階ですが、早期に接続を進めるため、12/1以降の接続申込みは、系統混雑時の出力制御に同意が必要となりました。

参考: