2022年4月の再エネ特措法改正にあたり、経済的出力制御(オンライン代理制御)について、よくあるご質問と回答をご紹介します。

これから接続する場合は、 オンラインとオフラインが 選択できるのでしょうか?

接続申込の時期によりますが、今後接続していく発電設備が「オンライン制御(機器設置する)」と「オフライン制御(機器設置しない)」が選択できる、というわけではございませんのでご注意ください。

例えば九州電力エリアの場合、2015年1月26日以降に接続申込した10kW以上の設備は全て出力制御機器の設置が義務付けられており、オフライン制御(機器設置しない)を選択することはできません。
他の電力会社エリアでも、出力制御機器の設置が義務付けられている区分ではオフラインを選択できません。

出力制御機器の設置が義務付けられていない場合は、オフラインのままでも可能ですし、機器を設置してオンライン化することも可能です(要届出・設定)。

参考:電力会社エリアごと出力制御ルール整理表