エコめがねエネルギーBLOG

タグ: 買取価格

タグ 記事一覧

2017年4月から買取価格はどう決まる?

電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(FIT法)の改正が2017年4月1日に施行されます。買取価格の決定方式の見直しも含まれており、その内容についてご紹介します。

平成28年度の買取価格が正式決定

3月18日に平成28年度(2016年度)の再エネ買取価格が正式に決定しました。2月22日に発表された「調達価格等算定委員会」の案がそのまま採用されました。太陽光発電の買取価格を中心にご紹介します。

スペインの固定価格買取制度~海外FIT事情~

再エネの固定価格買取制度を世界に先駆けて導入し、再エネを推進してきた代表的な再エネ先進国は「ドイツ」と「スペイン」です。
電力消費量の約40%が再生可能エネルギーによってまかなわれているスペインのFITについてご紹介します。

入札制の導入か。太陽光の固定価格買取制度(FIT)変更の方向性

太陽光の買取価格決定に入札制が導入される、というニュースをご覧になった方も多いのではないでしょうか。FIT制度の見直しを検討している資源エネルギー庁会合の内容より、どういった変更内容があがっているのか、「太陽光発電による電力の買取価格決定方法の変更」「設備設備時期見直し」など、太陽光発電に関連する項目を具体的にご紹介します。

回避可能費用が見直されるわけとは?

来年2016年より、回避可能費用の算定方法が見直される予定です。なぜ、回避可能費用が見直されるのか、また回避可能費用が見直されることによってどんな影響があるのかご説明します。

小型風力発電の買取価格はなぜ高い?

小型風力発電の買取価格はなぜ高い?

「固定価格買取制度」における平成27年度の再生可能エネルギー買取価格が発表されました。10kW以上の太陽光発電が29円/kWh(平成27年4月1日~6月30日)、27円/kWh(平成27年7月1日~)であるのに比べ、20kW未満の小型風力発電は55円/kWhと高く設定されています。小型風力発電における買取価格が高い理由について紹介します。

2015年太陽光発電の「買取価格」決定

2015年4月1日より太陽光発電の「買取価格」が改正されました。10kW未満の住宅用太陽光発電における「出力制御対応機器設置義務」の有無による買取価格の違いや、10kW以上の非住宅用太陽光発電の段階的な価格変更など、買取価格改正のポイントを紹介します。