エコめがねエネルギーBLOG

カテゴリー: 制度・法令

カテゴリ一 記事一覧

20kW以上の太陽光発電設備に設置すべき標識とは?【改正FIT法】

10kW以上の太陽光発電向けの再生可能エネルギー発電事業計画書には「再生可能エネルギー発電事業の実施において遵守する事項」として、「発電設備又は発電設備を囲う柵塀等の外側の見えやすい場所に標識を掲示すること(20kW未満の太陽光発電の場合を除く。)。 」とあります。この「標識」について具体的にご説明します。

再生可能エネルギー発電事業計画書とは?【改正FIT法】

2017年4月1日に固定価格買取制度が新しくなります。改正に際し「再生可能エネルギー発電事業者のみなさまへ。資源エネルギー庁より大事なお知らせ」というハガキが2月から発電事業者の方に届きはじめ、「事業計画の提出が必要」と書かれていました。この「再生可能エネルギー発電事業計画書」について詳細が発表されましたので、50kWまでの太陽光発電設備を設置されている方を対象にご説明します。

出力制御ユニットとは?

低圧の太陽光発電所をお持ちの方の中には、出力制御に協力することを前提に各電力会社と接続契約を結ばれた方がいらっしゃると思います。「出力制御に対応可能なパワーコンディショナー」だけではなく、「出力制御ユニット」も必要となるのですが、認識されていない方が多いようです。この聞きなれない「出力制御ユニット」について、ここで詳しく解説していきます。

四国電力管内での太陽光発電導入量の推移

四国電力が出力制御のお知らせ開始。どんな準備が必要?

四国電力管内についても、2016年12月20日に、太陽光発電設備などに対して出力抑制を実施する準備として、「優先給電ルール」と出力制御の手順などについて確認するリリースを四国電力が発表しました。四国電力管内での出力制御の概要と、低圧太陽光発電設備の準備内容をメインにお伝えいたします。