2016年5月末までの固定価格買取制度の買取電力量が発表されました。
5月は過去最大の買取量となりました。発電形態別に見てみましょう。

※本文中のグラフは、資源エネルギー庁「なっとく!再生可能エネルギー 各種データの公開」ページのデータより作成しています。

固定価格買取制度における再生可能エネルギー発電設備を用いた買取電力量の推移

固定価格買取制度における再生可能エネルギー発電設備を用いた買取電力量の推移

5月は太陽光発電がもっとも発電する時期となり、太陽光発電が発電電力量を伸ばしていることがわかります。
運転開始済み設備の容量を見ても、太陽光発電が大部分を占めるため、毎年5月に固定買取制度の買取がピークを迎えることになります。

買取電力量と運転開始容量の発電形態別割合

2016年5月買取実績2016年5月末運転開始済み設備容量

発電形態別 稼働済み設備容量と買取電力量

発電形態別に買取電力量をまとめました。

太陽光発電は晴天が多く日照時間の長い5月、8月にピークが来ていて、風力発電は12月から2月の真冬の発電量が多く、水力発電は4月、5月に多く発電するであろうことが見て取れます。

太陽光発電

太陽光発電の買取電力量推移

風力発電

風力発電の買取電力量推移

水力発電

水力発電の買取電力量推移

地熱発電

地熱発電の買取電力量推移

バイオマス発電

バイオマス発電の買取電力量推移

参考: